絶対得する!住宅ローンの選び方―ローンのカラクリを知りつくした、元銀行マンがやさしく教える

マイホーム購入を検討中のわたしです。ド素人なので、ローンの組み方がわからず、これまでいろいろな参考書を読んでみましたが、さっぱりわからなく、困っていた時であったのがコレ。わっかりやすい! こんなわたしでも、理解できました!!!銀行交渉の奥の手やヒントが盛りだくさんで、これなら自分にもできそうな気がしてきました。元銀行員の著者らしく、すべてホンネで、購入者側に立って書いてくれているところが好感もてます。初心者にはいちばんお奨めの入門書ですよ!







絶対得する!住宅ローンの選び方―ローンのカラクリを知りつくした、元銀行マンがやさしく教える (Gakken mook)

| 日記

フェラーリがローンで買えるのは、世界で唯一日本だけ!!

使い回しはいけないが、面白い
他の単行本でも使われた原稿が使い回しされていて、ちょっと鼻白むところもなきにしもあらずだが、「日本は良い国だ」は間違ってはいないだろう。確かにクルマが好きな人間にとって日本は関税も自動車取得関係費用も安く(他のアジア諸国やイギリスのひどいことよ!)、コストパフォーマンス最強の日本車からスーパーカーまで買おうと思えば買えるのだから、著者あの言っていることは間違いない。
<br />
<br />また、温泉が良いとか、ファミレスのすき焼きが旨いから日本がいい国だということも、一見バカバカしそうだが、実に的を得ている。海外出張する度に欧米のサービスやホスピタリティの低さは嫌になるほど見ているので、そりゃ日本のサービスの良さとバブル崩壊後のデフレによるコストパフォーマンスの高さは素晴らしいのである。
<br />
<br />少なくともこの本は買って損はなかったと思う。




もっと読む ↓


フェラーリがローンで買えるのは、世界で唯一日本だけ!!



| 日記

住宅ローンが危ない

やや誇張気味だが金利上昇の怖さを警鐘
これから予想される金利上昇が住宅ローン(特に変動金利や固定金利特約型の2〜5年物)にどれだけのリスクをもたらすか警鐘しています。
<br />今後の金利上昇をいささか誇張しすぎている気もしますが、現状のマクロ経済を前提とした限りでは一般論として正論ですし、
<br />リスク低減の回避策などのマル秘テクニックもオーソドックスなものなので、借りちゃった人、
<br />これから借りようとしている人は読んでおいて損はないでしょう。
<br />

<br />
<br />



もっと読む ↓


住宅ローンが危ない



| 日記

倒壊―大震災で住宅ローンはどうなったか

ここ数年大地震に対する警戒と認識は高まりつつある。また偽装耐震住宅の問題など、住宅ローンをかかえる多くの国民には最大事の関心ごとでもあろう。本書は、著者の得意とされているルポルタージュを元に阪神・淡路大震災時の被害と住宅ローンの関係を克明に描かれている。
銀行をはじめ金融機関がなしえなかった、住宅ローンについての問題提起・火災保険と地震保険についての問題提起が言及されている点など、今または今後住宅ローンをくみ、持ち家を考えている人には是非一読を勧める。

が、文章表現がやや乱暴であり せっかく問題提起した内容についても言及は少し甘い。その為ルポルタージュ効果が半減しっているのが残念だ。








ご購入はこちらからどうぞ ↓


倒壊―大震災で住宅ローンはどうなったか (ちくま文庫)



| 日記

「住宅ローン」賢い人の見直し術!

いかにローンに無知なまま家を買ってしまったことかと、がく然としました。
放っておいたら家計が破たんしかねませんでしたが、おかげでどうにかなりそう(?)。
いずれにしてもこの本には感謝感謝です。
私のように危ないローンを抱えている人はたぶんたくさんいるはず。金利が上がる前にぜひ、読んでほしいと思います。




もっと読む ↓


「住宅ローン」賢い人の見直し術!

| 日記

住宅ローン借り換えで月5万円トクする方法―今なら間に合う!

住宅ローンの知識が、わかりやすくまとめられています。
2006年のゼロ金利解除からローン金利もじわじわと
上昇していくと予想されています。
返済20年くらいのローンで固定2から3年の方が多いようです。
不動産業者にだまされないためにも、読んでおきたい本です。

借り手の年齢や資産状況に応じて
ローンを選択することの重要性を説いています。
結論としては収入が一定の方は金利が上がっても10年固定とか繰上げ返済をすすめています。




もっと読む ↓


住宅ローン借り換えで月5万円トクする方法―今なら間に合う!




図解はじめてでもカンタン!賢く選ぶ住宅ローン

悔いの無い資金計画
念願のマイホーム購入で最も悩んだのが資金計画でした。長期の固定金利か短期のキャンペーン金利のどちらを選択すれば良いか?損をしないローンの組み方があるだろうか?答えを見出せないままに、時間ばかり過ぎて焦っていた時に、この本を手にしました。巻末にあるチェックリストを活用し、現状の家計の状況や将来のライフプランも踏まえて、納得感のある資金計画を立てることができました。税金面での解説もあり、我が家は不動産取得税を払わずに済みそうです。将来の金利推移はどうなるか分かりませんが、この本に従って判断材料を揃え、適切な意思決定ができました。



もっと読む ↓



図解はじめてでもカンタン!賢く選ぶ住宅ローン



サラリーマンの家計簿「生命保険」「住宅ローン」「教育費」「投資」ここまで見直せる!

簡潔で読みやすい
まとめかたがうまいので、読みやすい。<p>簡潔で必要な情報量を押さえている。<br>素人にとってこれ以上複雑な話は、読んでも分からない。<br>まず、この本で家計全体を考えるのには良いと思う。<p>値段の割には、内容が簡単すぎるような気もするが、<br>保険のこととか、<br>今一番気になるところのツボは、押さえられている気がする。<p>内容に☆3つ、読みやすさにプラス1点。




もっと読む ↓


サラリーマンの家計簿「生命保険」「住宅ローン」「教育費」「投資」ここまで見直せる!



住宅ローンを組むときの基礎知識―ローンは組み方しだいで返済額に大きな差が出る!

情報量がやや不足
 金策に特化した内容。貯金方法についても書いてあるので、家がほしいな、と思ったときからすぐに役に立つ。具体的な金策の参考にもなるが、そのへんは他の本に任せてもよい。<p> ローンの試算例がたくさん載せられているのがありがたい。あえて言うと、連体債務の場合のローン額の割り方とか、利率がいくらで何年で返したらトータルいくら払うことになるとか、徹底的に書いてほしかった。  字が大きくて情報量が全般に少なめなのがマイナス。



もっと読む ↓



住宅ローンを組むときの基礎知識―ローンは組み方しだいで返済額に大きな差が出る!




住宅ローンはこうして借りなさい


読めば読むほどアンニュイになる本
不動産購入を決意したものの、この先のローンを考えると不安ですよね。
<br />私も同じ思いでコレ系の本を数冊読みましたが、この本ほど気が滅入る本はなかったと思います。
<br />「辛ーーーっ><」と思っても最後まで読み続けると、あら不思議!
<br />ローンのからくりを理解してしまえば、未来はおのずと開けてくるものだと実感しました。




もっと読む ↓


住宅ローンはこうして借りなさい 【新版】




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。